カレンダー

2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

検証 本当に歯磨き粉でディスク修復はできるのか?

当店に依頼されるCD、DVD等のディスクで、歯磨き粉等で磨いたような跡がみられるディスクがございます。
磨き跡とともに歯磨き粉の匂いがするディスクもございます。
当店に依頼されるということは、歯磨き粉では修復できなかったから、ということになりますが、敢えて当店でも検証のため、歯磨き粉でディスクを磨いてみることにしました。



検証のため用意したのは、故意に傷つけたディスク、歯磨き粉、磨き布の3点です。
ディスクは、机のうえで押さえつけて力強くこすりつけ、故意に傷をつけました。
歯磨き粉は、荒い粒子が入っていないタイプのものを選びました。
磨き布は、当店でも汚れ落としなどのために使用しているマイクロファイバー製のものを用意しました。
通常、マイクロファイバー製の布が原因で傷がつくことはありません。

故意に傷つけたディスク 歯磨き粉をつけた布



画像のディスク左半分を歯磨き粉で10分程度、磨きました。
結果、無数の薄い磨き傷がついたのみで、元々の傷が綺麗になったと思える状態にはなりませんでした。
何もしなかった右半分のほうがきれいな状態といえるのではないでしょうか。

頑張って磨きましたが…



なお、このような状態になったディスクでも、当店で研磨クリーニングすればきれいな状態になります。



ただし、歯磨き粉の種類、磨くための布、力加減次第では、深い磨き傷がつき、磨き跡が残る場合がございます。
当店にご依頼されたディスクで、元々、お客様が修復しようとした傷はクリーニングにより消えても、お客様が磨いた跡が残ってしまったという事例もございます。

現在、「CD 傷 修復」等で、グーグル等の検索エンジンで検索しますと、歯磨き粉でディスクを磨けば修復できる!というような内容のページが上位に出てきます。
ページを作成された方は、上手に磨かれて修復できたのかと思いますが、実際にはかなり難易度が高いものです。
また、前述のとおり磨く前よりもひどい状態になる場合も多々ございます。
安易に歯磨き粉でディスクを磨くよりも、当店にかぎらず、納得の行く内容のサービスを展開する研磨クリーニング業者に依頼したほうが良いかと思います。

※結果的に、当店のサービスに誘導するような内容になってしまいましたが、中立的な立場で検証いたしました。